PCマクラギ交換(機械施工)

線路内作業におけるPCマクラギ交換(機械施工)を紹介します。

こちらは軌陸バックホウにより、古くなったマクラギを新しいPCマクラギに交換しているところです。
 マクラギとは、はしご状に敷き並べられたもので、レールの間隔を保ち、列車からかかる荷重や振動を道床へと分散させる役割をしています。レールと同様で、破損や経年劣化が発生した場合は交換を行う必要があります。
 甲府エリアでは、木製のマクラギはほとんど入っておらず、PCマクラギが採用されています。PCマクラギは、コンクリート製であるため耐久性に優れ、天候等の自然環境の影響を受けにくく、木製に比べて寿命が長くなります。
 以前は人力で作業をしていましたが、今では機械化が進み、人力よりも1日あたりの施工数量が多くなり、作業員の肉体的負担もだいぶ軽減されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました